注文住宅 地鎮祭 外構

地鎮祭 家づくり 体験談

内装の決定が済んだらあとはいよいよ地鎮祭を行い~建築開始となりました。

なぜかあまり地鎮祭についての記憶も思い出もないのですが、よく晴れた秋の日だったことと親が参加しに来てくれたことはよく覚えています。せっかくだったので写真を撮っておけばよかったなぁと思いますが、後の祭りですよね。

地鎮祭自体は特に私たち夫婦が事前に準備したり練習することはなくて、営業のMさんにいわれるがままに動き難なく終了しました。
メーカーによっては自分でお祝いの昆布だとかを用意する必要がある場合もあるみたいですね。

スポンサーリンク

地鎮祭

地鎮祭では神主さんによるお祓いや祝詞のよみあげがあり、地鎮の儀というものを行います。地鎮の儀は施主である私たちが、神前に作ってある盛砂をクワで掘って行いました。

地鎮祭

来ていただいた神主さんへの謝礼金はダイワハウスが準備してくれ、その他お酒や水・野菜・干物なんかもすべてお任せしたと思います。調べて購入した記憶がありませんので・・・ほぼすべてやっていただいて本当に助かりました。

建築開始

年末の工事が休みになる間に基礎のコンクリートをしっかりと乾かすということで、12月下旬に工事が開始となりました。
住んでいた賃貸住宅から自転車で10分かからない程度の土地に家を建て始めたため、初日とかは棟梁に挨拶にいったかと思います。

「差し入れは必要なのかな?」「どれくらいの頻度でも見に行ってもいやらしくないかな?」など気になることはすべて営業のMさんにお聞きしました。差し入れなどは不要だと言われ、ご自身の家なんですから中には入れないですけど外から見る分にはいくらでもどうぞ!と言われたため、おでかけや散歩ついでにと何度も夫や子供たちを見に行きました。

基礎のコンクリート状態を見ただけのときは「あれ、やっぱり狭いかも?」と2階建てを選んだことを若干後悔もしたのですが、実際に建物が出来上がってきて家の中に入ったときは全くそんなことはありませんでした。

スポンサーリンク

建築中のできごと

建築中は外壁ができ階段など骨組みができ、いよいよ床や壁などを作りこんでいくという段階で一度家族で呼ばれました。もう見えなくなってしまう大事な柱の1つに、名前とかコメントとかを書いておくと、もう見ることこそできないのですが思い出になっていいですよと。
工事のみなさんや営業さんも見ていたので気の利いたコメントは書けなかったのですが、名前を家族4人それzそれが書きました。今もこの家のどこかにあの柱があるんだなと思うと感慨深いです。

その後ほぼ内装が出来上がり、一度内部を見せてもらうことになりました。その際、2階のトイレの床である大理石調パネルの色がなんかおかしい?私の見間違い?でも白じゃなくてピンクがかってない・・・?ということでしっかり確認してもらうと、実際に発注が間違っていることに気づきました。
トイレを備え付ける前だったのですぐに修正できたため、このタイミングでの発見は不幸中の幸いでした。見に行っておいてよかったです。

それ以外は特にこれといったトラブルもなく、2月頃には無事に家が完成しました。

家の完成~外構の完成

私たちは家の本体はダイワハウスで注文しましたが、費用の節約のため外構は別の業者に依頼することになっていました。そのため家が完成し家の鍵をダイワハウスから受け渡していただいてから、外構の業者さんへ工事に入ってもらいました。

外構のデザインについては営業のMさんに考えてもらい、細部は自分たちでカタログやショールームを見ながらポストや自転車置き場のゲート、フェンス、コンクリートブロックなどを決めていきましたがこのような内容を盛り込みました。

ポスト

リクシルのファンクションユニット・ウィルモダンです。

ポスト

表札はクリスタルガラスデザインです。
両柱・縦格子で色は柿渋です。LED照明が縦に1本×2入っています。実は最初は上部だけしかLEDを入れてなかったのですが、数年後に自動点灯スイッチが壊れ修理する際に下部にも入れました。すると夜間に大変見栄えがよくなったため、最初に上部だけしか入れなかったのは今でもケチ話としてたまに持ち出します。

手すり

リクシルのアーキレール T-8です。

手すり

角柱・埋め込み式で色は柱がシャイングレー・笠木は柿渋です。
ダイワハウスが玄関先に貼ったタイルに後から穴をあけて埋めているため、タイル部分に少しひび割れができているのはちょっとした残念ポイントです。ダイワハイスにトータルで外構も頼んでいればこういったことは起こらなかった可能性があります。費用を削減した代償ですね。

化粧ブロック・フェンス

化粧ブロックは少しだけ普通のコンクリートよりおしゃれっぽいものを選びました。その上のフェンスはリクシルのシャレオR1型です。

フェンス

色はシャイングレーで、このフェンスは一般的なものに比べると少し高かったのですが横向きデザインなのを気に入ってこれを選びました。

自転車置き場の屋根・ゲート

自転車置き場には雨をしのげるように屋根を付けました。リクシルのアーキフィットミニ18-22型で、色はシャイングレー、ポリカ屋根と標準柱です。

屋ね
屋根は付けて大正解でした。雨を気にせず自転車置き場で支度したり荷物を整えたりできます。

自転車置き場の入り口は開口にしてもよかったのですが、自転車を盗まれてしまう確率が上がってしまうという営業さんの情報をもとに、横開きのアルシャインHGを付けました。

ゲート

ゲート

本体カラーはシャイングレー・笠木は柿渋だったか、現在のカタログを見ると少し名称が異なるのでクリエモカかもしれません。途中で付けるゲートをアーキシャットから変更したため手元にある資料があやふやになっていました。
このゲートは下にローラーがついていないため軽くて力がない子供でも開け閉めがしやすいです。

シンボルツリー・庭

我が家の唯一の緑がこのシマトネリコです。当初は細い若木で、水やりを怠り死にかけたりもしましたが今では毎年5月から夏にかけてうっそうと茂り、夫が剪定に励むようになりました。

シマトネリコ

庭はほとんどないのですが家の周辺には山砂利を敷いています。しかし雑草が生えてくるので1か月に一回は抜きますが、20分程度で作業が終わるため楽です。

半月ほどで外構が完成し、それとほぼ同時に私たち家族の新生活もスタートしました。春から始まる新しい家での生活はとても気持ちがよいものでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました