注文住宅 流れ

注文住宅 ハウスメーカー

いざ注文住宅をつくるぞ!と思っても、その流れはどんなものなのか、人生で初めてのことなので想像がつかない人も多いのかなと思います。

そこでこのページでは一般的な注文住宅を建てる流れについて調べたことを、我が家の体験談と合わせて書いていきたいと思います。

我が家がダイヤハウスのXEVOを建てた際の流れについては、こちらのカテゴリへ時系列で投稿していますので参考にお読みいただければと思います。
家づくり体験談カテゴリーの記事一覧

スポンサーリンク

注文住宅を土地を購入して建てる際は、以下の流れになるのが一般的のようです。

大まかな流れとかかる時間

ちなみにそれぞれにかかる大体の時間はLIFULL HOME’Sの住まいのお役立ち情報を参考にするとこのようになっています。

  1. イメージづくりと資金計画・・・約一か月~三か月
  2.  土地や施工業者の選定・・・約三か月~六か月
  3. 土地購入~建物の計画・・・約三か月~十か月
  4. 住宅ローン契約~着工・・・約四カ月~十二か月
  5. 引き渡し&入居・・・約一か月~三か月

と、冷静になってこれを見返してみるとかなり長めにとっているなという印象を受けます。これを私たちの場合に置き換えてみるとこういった感じでした。

  1. イメージづくりと資金計画・・・2と同時進行
  2. 土地や施工業者の選定・・・約二か月
  3. 土地購入~建物の計画・・・約二カ月
  4. 住宅ローン契約~着工・・・約三か月
  5. 引き渡し&入居・・・約三か月

トータルで十カ月程度でいろいろ決めたり選んだりしましたね。ただし毎週末はこれに費やすなど、かなり急ぎ目で行ったのは事実です。私たちの場合は税金の関係などで急ぐ必要があったためこの程度の期間になったのですが、もしそういった条件がなかった場合はもっとゆっくり行っていたのかもしれません。

スポンサーリンク

イメージづくりと資金計画

イメージ作りというのは「どんな暮らしをどんな雰囲気の街で暮らしたいのか」ということだと思います。子供がいる場合は学校の環境にも十分は注意を払う必要がありますね。
通勤で公共交通機関を使う場合は最寄り駅までの時間は非常に重要ですし、暮らしを支えるスーパーや病院なども近くにないと苦労するかもしれません。

次に暮らしを考えると家は二階建てが良いのか、バリアフリーなどはどうするのか、建物の全体的なイメージはどうするのか(和風・木造・洋風・デザイナーズ・輸入住宅など)も、施工会社の選定に必要となるため考えておくとよいかと思います。

そして土地よりも家のイメージよりも重要なのが資金計画ですよね。頭金にはいくら出せるのか、今後の収入の予定によってローンはいくらまでならOKなのかなど、無理しすぎない金をあらかじめ決めておくとよいのではないでしょうか。

土地や施工業者の選定

しかしながら私たちの場合は、1.イメージづくりと資金計画については、ほぼ2.土地や施工業者の選定と同時に行っています。資金計画については貯蓄額やだいたいこれくらいのローンなら組めるかな?というざっくりとした話し合いくらいは済ませてから住宅展示場へ通い始めました。(詳しくはこちらで書いています→注文住宅 住宅展示場

建物に対するイメージもたいして持たずに住宅展示場を訪れたのですが、そこに建っているモデルハウスを見て「こんなのもいいね!」と言いながら、いくつかのハウスメーカーと話を平行して進めていきました。

ハウスメーカーには契約前でも具体的な費用について聞かれるのですが(これがわからないと見積もりが出せませんからね)、そこはしっかりと答えて頭金はどれくらいなら出せる・ローンは収入がこれくらいだからここまでなら組める・最大でもいくらくらいまでに住宅費用を抑えたいなどの打ち合わせをし、相談しながら話を進めていきました。

ちなみにハウスメーカーに並行して土地探しの依頼もできるようですので、まずは施工業者を決めるという話の進め方もありなのではと思います。

土地購入~建物の計画・住宅ローン契約~着工・引き渡し&入居については次回の記事で書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました