注文住宅 キッチン ゴミ箱

ごみ箱 家づくり 体験談

注文住宅のキッチンにはゴミ箱を設置することになるかと思いますが、その設置場所について悩む人も多いみたいですね。

そこでこのページでは我が家のキッチンのゴミ箱の話に加えて、一般的なゴミ箱の位置や、ゴミ箱の位置を決める際に考えておきたいチェック事項について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

我が家のキッチンのゴミ箱について

参考までに我が家のごみ箱事情を解説すると、このような間取りでこういった位置に置いてあります。

キッチンの間取り

ぱっと見はこのように収納されていてそれとはわからないのですが、

ごみ箱

取っ手を引き出すと内部にはフタ付きのごみ箱が一つ(生ごみ用)、あとはしきりにビニール袋をひっかけるかんじでプラ・不燃・びん缶・紙ごみを入れる部分があります。

ごみ箱

幅は自由に調整することができるのですが、プラば一週間に一度の収集でもかなり膨れ上がるので他の2倍くらいの空間を占めることになります。今はほぼ入っていないのですが、収集日が近づくとプラの比率が大きくなるor一度袋を取り換えることになります。

そのため、本来はプラ置き場はこの1.5倍くらいあると一週間袋を取り換えずに済んだのかな~と思いますが、スペースが許さなかったので我が家の場合は仕方がないかんじです。可燃ごみは週に二回の回収ですがこのボックスで十分足りています。20Lだったかな?と。

一般的なゴミ箱の位置

一般的にはどんな位置にゴミ箱が置かれるのか調べてみたところ、

  • 背面収納の下
  • シンクの下
  • パントリー内

こういった場所に置かれることが多いようですね。背面収納の下というのは我が家と同じ位置のことだと思います。友人宅や以前住んでいた賃貸住宅を思い出してみても、このタイプが多いなぁと感じています。

スポンサーリンク

シンクの下にゴミ箱を置く一番のメリットは、シンクで食材を使った際に下にあるゴミ箱へすぐ捨てることができる手軽さかと思います。我が家のように背面収納の下の場合はできるだけ水切りして捨てるもののやはり水滴が垂れてしまうことがたまにあるので、その点は便利かなと。

ただしシンク=食材を扱う部分ですので、その近くにゴミを置くのに抵抗がある方も多いのでは?と思います。可燃ごみについては夏場どうしても、フタがあっても臭いが気になってしまいますからね・・・

そしてパントリーに置く場合は、目隠し度は上がるものの捨てる位置が遠くなるため作業効率は一番悪いのかなと思います。パントリー内に入れる場合は、シンク下に置く場合と同様にパントリー=食材をしまう部分に生ごみを置くのに抵抗があるかな、と。

使い勝手の良さ的にはシンクの下>背面収納>パントリー内、目隠しを重視するならパントリー内>背面収納orシンク下、といった感じになるかと思うので、好みに合わせて選べばどこも一長一短かなと思いました。

ゴミ箱の位置の決め方

ゴミ箱の位置を決める際は一般的な置き場所を参考に、こういった点に注意して決めると良いかと主追います。

  1. 住む地域の分別方法を調べる
  2. ゴミの量やゴミ出しまでの期間を考え、収容量を推測する
  3. 家事動線を考慮する
  4. 実際にそこにゴミが置かれた際に不快にならないかよく考える

新しく住む地域の場合は現在の住居とはゴミの分別方法が異なる可能性があるため、事前に調べておくとよいかと思います。そして家族が出すゴミの量がどの程度なのか、ゴミの収集日までにどれくらいのゴミがそこにたまるかをしっかりと考え、十分な収容スペースを確保しておかないと使いづらいものとなってしまうため注意が必要です。

さらにゴミが出る家事の動線を考慮し捨てやすさを鑑みたり、そこに「においがするかもしれないゴミ」を置いても不快にならないのかをイメージして、最終的に判断すれば失敗も少ないのではないかと思います。

 

ところでキッチンはもちろん、注文住宅自体の間取り作成がまだの場合や、注文住宅を建てる業者が決まっていないという場合はタウンライフ家づくりを試してみてもいいかもしれません。
タウンライフ家づくりはハウスメーカーを紹介してくれるサービスなのですが、無料で間取りプラン作成なんかも依頼することができるためおすすめです。

タウンライフ家づくりはこちら

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました