注文住宅 キッチン 収納

家づくり 体験談

注文住宅のキッチンプランを決める際には、収納の場所や量についてきちんと計算し考えておくと、建てた後の後悔が少なくすることをできるかと思います。

キッチンには、食器や調理器具のほかに調味料や米・災害時のレトルト食品など常備しておきたい食品を収納するためのスペースがあると、家に住み始めた後も快適に暮らすことができます。ここでは自信の体験をもとに、キッチンでの収納スペースの大きさや場所について良いと思うことを書いていきたいと思います。

ちなみに我が家では食器は幅90cmの食器棚へ、常備したい食品はキッチン内にある幅90cmのパントリーへ収納しています。詳しくはこちらで写真付きで解説していますので、参考にしたい方は御覧ください。
食器棚
パントリー

スポンサーリンク

食器・調理器具の収納

日常使いをしたい食器・頻繁に使う鍋などの調理器具は、まず「本当に必要な種類や量」を、家を建てることをきっかけに見直すことをおすすめします。

実は不要な食器が食器棚を占めていた我が家では、新居の食器棚の大きさを考えるにあたって一度不要なものを処分することにしました。そして「いつか使う」「来客時に使おう」と思っていたちょっといい食器は、棚に出して普段から使うことに決めました。

また、鍋やフライパンについても新しいものを買った際に予備として捨てていなかったものを処分し、普段の調理に必要な分だけの量を決めました。

それを踏まえた上で。「本当に必要な食器や調理器具はこれだけ!」と決め、それに合わせた収納のサイズづくりをしたところ、今のところ過不足なく快適に使うことができています。

収納スペースは無限にあるわけではないですし、やたら大きなスペースを確保して使わない食器や調理器具をしまいこむのは無駄だと思うので、我が家のようなこういった収納の考え方も一例として参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

季節使い器具の収納

土鍋やカセットコンロ、ホットプレートなどの季節ごとに使う器具はしょっちゅう使うものではないため、普段使いする鍋やフライパンよりは少し離れた位置にしまうことになるかと思います。その場合は将来のことも考えて、できるだけ低い場所に定位置をつくることをおすすめします。

私も以前はホットプレートを食器棚の上の高い位置に置いていたのですが、それこそ若かったのでイスを使って出し入れすることに何の抵抗こそ覚えませんでしたが、今考えるとかなり怖いです。

しかし今の家ではダイワハウス側のアドバイスもあって、ホットプレートはIHコンロの一番下の引き出し部分に、土鍋は食器棚の下の引き出し部分にしまっています。

季節調理器具の収納場所

しょっちゅう使うには少し不便な場所ではありますが、落とす心配もなく重たいものを入れておくにはちょうど良い場所にあるので大変満足しています。

パントリーのススメ

我が家のものはそれほど大きなものでもないのですが、パントリーは作って本当によかったと思っています。

以前の賃貸住宅では食器棚の一部に収納していた調味料や米・ストックしておきたい食品類をパントリーに入れることで、非常にキッチンがスッキリしました。

夏場やビールやアイスコーヒーのペットボトルなどをいれるのにも便利ですし、最近では災害時に備えて食品を多めに保存しておくランニングストックも話題になっていますよね。

パントリーにサトウのごはんやレトルトカレー・インスタント麺やカップ麺を多めに買っておき、使いながら足していけば別途災害用に食料を用意する必要があまりなく、使い続けるため賞味期限が切れてしまうという有りがちな失敗を回避することができるためいい考えだと思っています。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました