注文住宅 風呂 広さ

注文住宅 水回り

私たち夫婦の中も住宅のお風呂としてはユニットバス・パナソニックのココチーノ NEW Sクラスというものをいれているのですが、広さは一坪です。詳しくはこちら→注文住宅 水回り バスルーム

私たちの場合は営業マンさんからの提案でなんとなくこの一坪の広さのものに決めたのですが、一般的には注文住宅にはどういったサイズのお風呂(ユニットバス)が採用されているのか、気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

まず前提として、お風呂の広さは坪数での表記と4桁数字での表記の2種類が使用されるんどえすが、坪数の方は浴室の広さを・4桁数字の方は浴室に設置するユニットバスのサイズを表しているんだそうです。

風呂用スペースの広さ

お風呂の広さ(浴室用のスペース)は0.75・1・1.25・1.5坪の4種類があり、一坪=畳二帖分の広さのことでセンチメートルで表すと182×182cmです。
0.75坪のお風呂はコンパクトで狭めのイメージ、我が家と同じ一坪の場合は一般的なサイズのようですが窓を付けるなど解放感を出す工夫をすると良いとのことで、我が家にも縦長の小窓が1つついています。(お風呂が1階にあるため、大きな窓は付けることができませんでした)
1.25坪の場合は洗い場にゆとりができたりカウンターも広めのものを設置が可能で、1.5坪にもなるとさらに浴槽も大きいものを置くことができるみたいですね。親子複数人での入浴も楽そうです。

スポンサーリンク

私たちの場合は入居開始時に子供がすでに小学校高学年であったため一人一人お風呂に入るためあまりこういったことを考えなかったのですが、確かに一坪のお風呂で子供一人・二人と入るのはちょっと狭いかもな~と思いました。

とはいえ賃貸のお風呂(おそらく0.75坪だったんだと思う!狭かったし)に比べれば全然大丈夫ではあるんですけどね。

ユニットバスの広さ

そして風呂用スペースに入れることになるユニットバスのサイズは、その坪数によって異なってくるとのことでした。

  • 0.75坪の場合・・・1317・1316・1217・1216
  • 1坪の場合・・・1717・1616・1818・1618
  • 1.25坪の場合・・・1621
  • 1.5坪の場合・・・1624・1623

我が家のお風呂の資料を見てみると1616と書いてありました。

調べてみると1616(1600mm×1600mmのことです)とすこしだけ広い1620が人気のサイズで、特に1616に関してはバリエーションが豊富なのでここから選択する人も多いとのことでした。1620の場合は家族であったりペットが一緒に入浴する際によく選ばれるみたいですね、ペットを洗うのって動き回るのでかなりスペースがいりますし納得です。

お風呂のサイズを決める際はどういう使い方をするのかをよく考えて、いいと思ったサイズが浮かんだら実際にショールームなどで見学することをおすすめします。

私自身もいくつかのメーカーのショールームに行ったのですが、サイズ感はもちろんのことカラー壁パネルが4面に貼られるとどういう感じになるのか・ミラーの形やサイズなどを具体的に理解することができました。

そしてもし、まだお風呂のスペースが決まっていない・間取り作成も全く決まっていない・それどころかハウスメーカーも決まっていないという場合にはタウンライフ家づくりの利用もおすすめです。
タウンライフ家づくりはハウスメーカーを紹介してくれるサービスですが、無料で間取りプランの作成もしれくれるため使ってみて損はないかと思いますよ。

タウンライフ家づくりはこちら

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました