注文住宅 ピアノ

ピアノ 家づくり 体験談

最近の子供の習い事といえば昔ながらのそろばん・習字・ピアノを抑えて、スイミングやテニスなどちょっとお金がかかる&環境が整った施設に行かないとできないようなものに人気があるという印象もあります。

しかしながら私の子供たちの周囲でも根強い人気があったのがピアノですね。我が家の子供たち二人もピアノを習っていたのですが、賃貸住宅に住む際は電子ピアノを使って練習していました。

そして注文住宅を建てる際にはとりあえず電子ピアノを置いておき、必要に応じて実家にあるアップライトピアノをリビングに運んでくるという計画も持ち上がったため、その際に調べたりわかったりしたことをこのページには書いていきたいと思います。(結果としてはアップライトピアノが自宅にやってくる計画は流れてしまったんですけどね。)

スポンサーリンク

アップライトピアノを注文住宅を建てる際に置くことを考えているの場合は、その大きさをきちんと知り間取り図にしっかりと取り入れるのはもちろん、その際には以下の点を考慮する必要があります。

  • どこに置くか
  • 床材に補強は必要かどうか
  • 防音対策は大丈夫か
  • 搬入の仕方を計画

ピアノにはグランドピアノ・アップライトピアノ・電子ピアノと3つの種類があるのですが、それぞれのピアノの重さと大きさはおおよそですがだいたいこれくらいになります。

  • グランドピアノ・・・155×160×100cm(間口×奥行×高さ)、重さ250kg~500kg
  • アップライトピアノ・・・155×60×130cm(間口×奥行×高さ)、重さ200kg~270kg
  • 電子ピアノ・・・150×60×100cm(間口×奥行×高さ)、重さ20kg~80kg

間口はどれも大差ないのですが、グランドピアノは圧倒的に奥行きが必要となるため一般家庭にグランドピアノを置くことはあまりないかもしれませんね。
アップライトピアノと電子ピアノは大きさこそあまり変わりはありませんが、その重さがずいぶん違ってきます。

我が家が置くかもしれないアップライトピアノであっても思さは200kg~となるため、当然床に補強が必要なのかな?と思ったのですが、グランドピアノ含め特に「必要」ではないみたいですね。ただしできれば補強するに越したことはないようです。

スポンサーリンク

建築基準法によると床の耐荷重は180kg/㎡=10㎡なら1800kg以内と定められているため、建築基準法を守った家を建てる場合はグランドピアノであっても補強しなくても大丈夫ということになります。

しかし長年住み続けると家にゆがみが生じたり、地震などのトラブルを考えるとピアノが置かれた床は重さの影響をうけやすいので補強はできればしておいた方が良いとのことでした。ちなみに補強の最もポピュラーな方法は床下に鋼製束という補強柱を入れておく方法で、費用としては10万円ほどかかるようです。

こういった点を考えて、今後ピアノをどれくらい真剣に取り組むかも考慮した上で、我が家では特に補強をいれずとりあえず電子ピアノを置く形を選びました。

このようにピアノを置く際に補強が事前に必須となると後からピアノを注文住宅に置くというのはなかなか難しいですので、ピアノを置く場所は設計段階でしっかりと考えておく必要がありますね。

ちなみにまだあまり間取りプランが固まっていない場合は、プラン作成を無料で依頼できるタウンライフ注文住宅を活用してさまざまな間取りを作成してもらうのもいいかもしれません。


タウンライフ家づくり無料見積もりサービスはこちら

タウンライフは工務店やハウスメーカーを紹介してくれるサービスなのですが、無料で間取りプラン作成を依頼することもできるため家づくりの第一歩にもおすすめのサービスです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました