注文住宅 子供部屋

家づくり 体験談

注文住宅を建てる際にすでにお子さんがいたり、これから子供を持つ予定のある方は子供部屋を作ることになるかと思います。
ちなみに我が家には男女二人の子供がいるのですが、家を建てる時点で小学校高学年と中学生だったので、それぞれ1つずつ子供部屋を与えています。詳しくはこちらで書いています→子ども部屋について

そしてここでは注文住宅で子供部屋を作る場合の広さや間仕切りについて私が調べたり思ったりしたことを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

注文住宅 子供部屋 広さ

注文住宅でモデルルームやサンプルなどをたくさん見てきたのですが、子ども部屋については6畳くらいで作られているパターンが多かったと思います。

実際に我が家も子供部屋は6畳で2部屋作っていますが、子ども部屋におそらく置くことになる学習机・ベッド・本棚を置いてもまだ若干スペースがあり、友達が数名来てもくつろげるほどの広さがあるため広さには満足しているようです。

これが4畳程度になってくるとベッドと学習机が一体化したものを設置したりするといいかなと思いますが、その際はロフトタイプの ベッドになるため机周辺が暗くなってしまう傾向にあります。そのため照明についてはしっかりと工夫して、子どもの視力低下につながらないように気を付けなくてはいけないと思いました。

スポンサーリンク

注文住宅 子供部屋 間仕切り

我が家の場合は男女2人ですでに大きかったのでその選択はなかったのですが、多くのモデルルームで目にしたのが「最初は隣同士の子供部屋をつなげて広い空間を確保し、間仕切りなどで将来的に分けて使う」というパターンでした。

この場合はたとえば6畳の部屋を2つつなげることで12畳の大空間ができるため、大勢の友達が来てもワイワイ遊べますし、幼児の場合はジャングルジムなどの大型室内遊具を置くことも可能になるため一見魅力的だなとも感じました。

しかしながら担当の方の話を聞いてみると、間仕切りを付けたところでそれほど防音性はないため将来的に完全に個別の部屋として考えるのは難しいと聞き、それはよく考慮して選択しないといけないなと思いました。

どうしても個別の部屋にしたい場合は壁を作るリフォームをすることも可能なようですが、その際の費用は50万~100万円という話もありましたし、住んでいる状態で業者さんに立ち入って長期間作業してもらうことを考えるとあまり現実的ではないんですよね・・・・

というわけで間仕切りで区切る子供部屋を考えている場合は5年後・10年後も頭に入れておくといいかなと個人的には思います。

もしまだ注文住宅の間取りプランがあまりできていない場合は、タウンライフ注文住宅で無料で間取りを作成してもらうのがおすすめです。


タウンライフ家づくり無料見積もりサービスはこちら

タウンライフは工務店やハウスメーカーを紹介してくれるのですが、無料で間取りプラン作成を依頼することもできる便利なサービスです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました