注文住宅 トイレ

トイレ背面の壁がみ 注文住宅 水回り

注文住宅を建てる際には水回りをしっかり考えて作ることは、住み始めた後に快適な生活を送るため非常に重要だと思います。

私たち夫婦がダイワハウスで注文住宅を建てた際のトイレについては、こちらの記事で写真とともに解説していますので、参考にお読みいただければと思います→トイレはTOTO

スポンサーリンク

注文住宅 トイレ 価格

注文住宅におけるトイレの価格ですが、改めて調べてみたところ一般的にはこれくらいの価格が考えらえるようですね。

  • 一階に設置する場合・・・約70万円~80万円
  • 二階に設置する場合・・・約80万円~90万円
  • 三階に設置する場合・・・約85万円~95万円

階があがるにつれ費用があがるのは、一階に設置する場合に比べて配管の長さが変わることが原因のようです。また、価格に幅があるのは単純に設置するトイレのグレードが変わるからということでした。

注文住宅 トイレ 種類

ちなみにトイレにはいくつかの種類があり、それはこの4つとなります。

組み合わせトイレ

組み合わせ便器とは便器・便座・タンクすべてが別売りとなっていて、組み合わせて好みのデザインに仕上げることができるタイプのトイレです。
メリットとしては値段が手ごろという点が挙げられ、便座のみが故障した際はそこだけ取り換えればOKなので修理費も安く済みます。
一方でデメリットとしてはタンクに水がたまるまで水が流せないことに加えて、接続部分が多いので汚れがたまりやすく衛生的ではない点にあります。

一体型トイレ

こちらは組み合わせ便器とは異なり、便器・便座・タンクが一体となって売られているタイプです。メリットは接続部が少ないためお手入れがしやすいこと、見た目がシャープでスタイリッシュな点ですが、デメリットとしてはどこかが壊れた際に丸ごと取り換えなくてはいけないため費用が高くなりがちという点です。また、こちらのタイプも水がタンクにたまるまで流すことはできません。

スポンサーリンク

タンクレストイレ

タンクがないスタイリッシュなトイレで、おしゃれなモデルルームではほぼこれを使っていましたね。タンクがない分場所を取らないため、トイレ空間を広く使うことができ、また接続部分も少ないため掃除もしやすいとのことでした。水を連続して流すことも可能というメリットもあるのですが、やはりとこかが請われるとトイレごと交換しなくてはならず、費用も一体型トイレなどに比べると高価です。

さらに、手洗い部分がないため別途手洗いを設置しなくてはいけない、2階であったり土地柄水圧が弱い場合の設置は難しいようです。

実は我が家もタンクレスにあこがれ一時は設置を考えたのですが、お客さんが使う可能性のあるリビング横の二階トイレには設置が難しいことから諦めた経緯があります。また、別途手洗い場が必要である点もそれほどトイレの空間が広くない我が家にとっては難しかったかもしれません。

システムトイレ

システムトイレはトイレのみでなく、手洗い場や収納を組み合わせたもので統一感がありおしゃれに仕上がる一歩、狭い空間には設置が難しく工期も長いことが多いようです。

注文住宅 トイレ おすすめ

注文住宅にはどんなトイレがおすすめなのか、それは条件によって異なるため一概には言いにくいですね。

費用を重視する・かつ故障時の費用も抑えるのであれば組み合わせトイレ、お手入れのしやすさをプラスするのであれば一体型、見た目を重視するのであればタンクレスやシステムトイレを導入するのが一番よいのかな?と思います。

タンクレストイレについては我が家が選ばなかったもう一つの理由として、災害時に水を溜めておくことができない&お風呂場などから残り湯を汲んでタンクに入れ使うことができないという点があります。

見た目はもちろん大切なのですが、現実的な費用・掃除のしやすさや使い勝手などをよく考えた末に選ぶとよいのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました