注文住宅 トイレ 手洗い

洗面台 注文住宅 水回り

注文住宅のトイレに別途独立した手洗いをつけるかつけないか、これについては我が家においてもかなり悩んだ点ではあります。

結局のところ我が家ではつけないという選択をしたのですが、主に悩んだ理由としてはこういったものが挙げられます。

  • 独立型の手洗いを設置するとトイレが狭くなる
  • タンクレスではない便器を選択したためタンク上部で手洗いできる
  • 費用が高くなる

スポンサーリンク
我が家のトイレはこちらのページで詳しく紹介しているのですが(→トイレはTOTO)、便器はタンクレスにする計画こそあったものの2階への設置が難しいということで断念しています。そのためタンク上部に手洗いできる部分があり、それで代用が可能なんですよね。

タンク上部の水で手洗いをする場合はトイレの奥に一歩踏み込まなくてはいけないため使い方としてはあまりスマートではないというデメリットもあり、もちろん出入口付近に手洗い場を置いた方が使い勝手はぐんとよくなります。

別途手洗い場を設置すればおしゃれにもなるのですが、これにはトイレ空間が狭くなるということと費用が上がるというデメリットがあります。


スポンサーリンク

我が家はトイレに1畳ほどのスペースを設けているので手洗い場を別途おけないこともなかったのですが、それほど来客が多い家でもないし家族が使うことを中心に考えると、不要かなという結論に至りました。

ちなみにタンクレストイレである場合はこれがないことになりますので、トイレへの手洗い場の設置は必須かと思います。

ちなみに今回この内容を書くにあたってトイレの手洗いについて調べてみたのですが、もし最初に手洗い場を別途付けなかった場合でもわりと簡単に後付けできるようです。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました