注文住宅 ピクチャーレール

家づくり 体験談

注文住宅を建てる前は賃貸住宅に住んでいたのですが、その際はカレンダーや時計など壁に何かをかけたい時は比較的躊躇せず穴をあけたりネジで固定したりしていました。(賃貸でもその程度のことは問題ないことがわかっていましたので・・・)

しかし新築で家を建てた際にはできればそういった際に壁に直接穴をあけたくないんですよねと営業さんの相談したところ、ピクチャーレールというものがありますよ!と教えてもらいました。

スポンサーリンク

ピクチャーレールは壁の隅に取り付けるレールで、長さも比較的自由に選択することができます。

我が家にはこのようにリビングには長めのものが1つついています。

レールに下げる部分が4つあるので、1つは絵・1つは時計・残り2つはパネルを下げて飾っています。

子ども部屋にも1つずつこの長いピクチャーレールを付けたのですが、彼らは時計のほかにカレンダーをかけたり、学校のプリントを貼るためのコルクボードをかけたりして使っています。


スポンサーリンク

夫婦の趣味の部屋にも短いものを一つ付けたのですが、こちらは今のところ使用していない状態です。

ポスターをいれたパネルを飾ったりするのにも適していると思います。

レールには好きな数だけぶらさげ部を付けることができるのですが、これは後から足すこともできます。今のところは追加不要ですが・・・

少しだけ動かすのにコツがいりますが基本的には自由自在に左右へ動かせるので、間隔を自由に配置することもできますし、ひっかけ部分も上下させることが可能です。

よく見るとレールに引っ掛ける部分があり、そこにさらにワイヤーのぶらさげ部をかけている感じですね。

先端はこのようになっていて、ここに好きなものをかけることができます。ワイヤーが余ってしまったらこのようにクルっと巻いて白い留め具で短くすれば、見た目もスッキリとします。

耐荷重については長さにもよるのですが、10kg程度だったかと思います。意外と重たいものも平気なんですよね。ですので壁掛け時計もごついやつでなければOKです。

値段も思ったより安く、こちらも長さによるのですが数千円~1万円以内で収まる程度だったかと思います。

ピクチャーレールについては、非常につけてよかったなと思っているオプションの1つです。もしつけようか迷っている人がいたら、絶対につけたほうがいいですよ!と声をかけたいと思います。

やっぱり不要だなと思った際は、ハンガーをとってしまえば壁と一体化するので全く邪魔にもならないですからね。後から付けることもできるようですが、当然ですが工賃が別途かかってしまうため、新築の時にやってしまうほうが費用も安く済みます。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました