注文住宅 水回り キッチン

家づくり 体験談

あれはたしか8月の嵐の日、本契約を交わすためにダイワハウスまで出向いたことを今でもよく覚えています。
私たち夫婦が「こんな日になっちゃいましたね」というと、営業マンさんが「こんなすごい日だから、逆に一生忘れられない思い出になりますね!」と。そうそうこういうところにこの営業マンさん、ひいてはダイワハウスにお願いしてよかったと思うんですよね。

注文住宅を建てる話が持ち上がってから2か月以上かけて、ハウスメーカーを決定することができました。よくよく聞いてみるとやはりこれは長い方なんだそうです。早い人だとハウジングセンターへ行って2・3つメーカーを回って決めてしまうなんてこともあるそうですよ。

私たち夫婦にはできない決断ですが、それはそれで運命を感じたんだろうなと思うと素敵だなぁと思います。
そしてそんな営業マンのMさんとともに、今後は内装選びに入ります。まずは生活空間の肝となるキッチンからいきます。

スポンサーリンク

メーカーはパナソニック

システムキッチンはパナソニックに決めました。ヤマハやクリナップなど他有名メーカーさんもいろいろ検討したのですが、確か決め手はシンクの人工大理石の色です。オレンジがかわいくてかわいくて・・・グリーンとも迷ったのですが、床と同じ暖色系のほうが家になじみそうなのでそちらを選びました。

基本商品名はリビングステーション NEW Sクラスとのことです。間口は260mm
=2.6メートルあります。

シンク

キッチンシンク

数年使ってみて、やはりカラフルなシンクは心弾むので本当に気に入ってます。先日義母宅がキッチンリフォームをした際もカラフル人大キッチンを猛烈にプッシュしてしまいました。

カウンターは人造大理石のぺブルホワイト。シンクはスキマレスシンクのクリアRタイプでシンクの色名はクリアオレンジです。

右手にある水切りカゴはオプションだったのですが、食器洗い機が付いているとはいえフライパンとかさっと手洗いした食器を置く場所は必ず必要になるため、つけてよかったと思っています。

私の嫌いな三角コーナーは置かず(なんか不衛生じゃないですか?)、排水部にあるザルも昔のものとは違い浅い(5センチ程度)のところに野菜くずなどをためて捨てていますが、今のところ特に不便に思うことはありません。

カレーとか野菜くずが多い料理をした場合だけ、すぐにあふれてしまうため別途新聞紙で折ってクズ入れを作り濡れていない野菜の皮なんかはそこに入れて処理しています。

食器洗い機

食器洗い洗浄機

食器洗い機もパナソニックのものを使用しています。

今まで賃貸暮らしの時は当然据え置きのものを使っていたのですが本当に邪魔で邪魔で・・・備え付けは本当にいいですね!
唯一故障した際は修理費が高いと言われているのが気になっていますが、ここ数年特に問題なく動いているので10年くらいは(寿命はそれくらいらしい)動いてくれれば御の字だなと思っています。

普通に洗浄と乾燥のボタンがついたシンプルなものですが、ボタンを押す際に組み合わせることで洗浄のみ・乾燥なしコースを選ぶこともできます。
食器を洗う度に乾燥までしていると電気代がかかってしまうためこれがやりたかった私は、事前に入念に確認してからつけました。
ただしずっと乾燥しないと内部にドロドロしたものがこびりついてしまう確率があがると聞いたことがあるので、朝と昼は乾燥なし・夜のみ乾燥までやるコースを選んでいます。深夜は電気代も安いので・・・タイマーももちろんついています。

スポンサーリンク

IHコンロ・グリル

IH3コンロ

オール電化の我が家なので、コンロは当然IHです。前2つが普通ので右側のコンロは揚げ物コースがあり温度を180度とか200度とか一定に保つ機能があるので便利です。奥の小さいコンロは海苔をあぶったりできるものです。

賃貸の時はガスコンロだったのですが、神経質なので外出時はガスの元栓を閉めたかどうかを確認に戻ったことも何度かあるほどひやひやして生活していました。
その点、IHにしてから大変楽になりました。
揚げ物をしてても火災の心配がないですし、最近は子供も自分で料理をすることがあるのですがその際の火の取り扱いへの不安などもないため任せることができます。

ただしガス火からIHに変わると加熱具合に慣れるのに少し時間がかかります。加熱される部分、IHでいうところの5とか6(1から9まで火加減があります)というのは中火?強火?など、実際に料理を少し焦がしつつ慣れていくしかないかもしれません。餃子をすごく焦がしてしまった苦い記憶がありますが、今ではすっかり上手に焼けるようになっています。

グリル

コンロの下にはグリルがついています。
最初は汚れるのが嫌で(どう頑張っても構造上の問題で完全に掃除するのは難しい)あまり使っていなかったのですが、最近ではしょっちゅう魚を焼いてます。

鶏肉をパリパリに焼いて塩味だけで食べるのも焼き鳥みたいでおいしいですし、何気にやきなす調理ボタンがあることに最近気づいたのですがこれがもう、最高で!
簡単だし(するすると皮がむける、不思議)、炭焼きみたいな風味になっておいしいし、よーく冷やして食べると夏は特に最高です。ピザもレンジで焼くよりこれを使った方が焼け目がしっかりついて美味しくなります。

換気扇

換気扇

換気扇です。私の背が高いため、普通より高さを5センチあげてあるのですが180cm近い息子が最近ぶつかるのであと5センチあげておけばよかったかもと思っています。が、そんなに料理するわけではないし、あまりコンロとの距離を離してしまうと喚起効果も薄くなるかと思いますのでこれがベストだと思われます。

このタイプは非常に手入れが楽でフィルターなどを付ける必要もなく、1年に一度年末に軽く掃除をするだけで今のところ臭いもなく快適に使用できています。

家電カウンター

ごみ箱

次に、一としてはシンクの反対側(シンクに向かうとお尻側になる部分)にあるごみ箱・家電置き場です。うつってないですがこの上には電子レンジとコーヒーメーカーがあり、中断にはパン焼き器と炊飯器、その下が引き出しタイプのごみ入れとなっています。

一番右には蓋つきのボックスがおいてあり生ごみはそちらへ、左側には3~4種類程度に分けて袋をセットするタイプのごみ入れがあります。
ごみ箱が見えているのを当たり前に思っていたので、完全に収納した際の見た目の美しさには驚きましたし大変満足しています。

食器棚

食器棚

食器棚です。扉は悩んだ末にガラスにしましたが、質感・見た目共に大変気に入っています。子供がぶつかって割れるかもなんて営業マンさんに言われましたが、まぁそこまで無茶する子供ではなさそうなのでということでガラスに決定。今のところ割れていません。

この扉やその上部の開き戸はすべて地震が来ると簡易ロックされる耐震用ロック機構付きになっていて、万が一の際にも中身がでないようになっています。今のところロックされるような地震は来ていませんが、備えあれば憂いなしですよね。

シンク側収納

キッチン

最後に、シンク側の収納です。奥からコンロ・食器洗い機となっていて、その他取っ手が付いている所は収納です。
扉柄はSP20シリーズのアルベロホワイト、ハンドルはシルバーです。

一番下の取っ手がない部分は引き出し上になっていて、こちらにも収納することができます。ホットプレートやあまり使わない鍋はここに入れています。

キッチンは自分が中心になって使うこともあり、色や素材・使い勝手などほとんど決めさせてもらったのですが、大変満足しています。パナソニックのキッチンってあまり有名ではないかもしれませんが、おすすめですよ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました